トランプ大統領「引き継ぎ」認めず バイデン氏 法的手段も

国際


アメリカ大統領選挙で当選を確実にした民主党のバイデン氏は、新政権の構想を練っている。

その一方で、トランプ大統領は、沈黙を続けている。

バイデン氏は12日、家族とともに別荘に移動し、週末まで滞在して、主要閣僚などの構想を練るとみられる。

政権移行をめぐっては、トランプ政権下の担当部局が引き継ぎ開始を承認せず、バイデン氏側は、法的手段をとることも検討していると報じられている。

一方、トランプ大統領は、ホワイトハウスで、ペンス副大統領やポンペオ国務長官などと会合を行ったが、この日も、公の場での発言はなかった。

アメリカメディアは、ジョージア州の再集計の結果が出るまでは、トランプ大統領が敗北宣言を行わない可能性にも言及していて、事態は泥沼化している。

(FNNプライムオンライン11月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース