感染拡大もGoTo見直しは行わず “第3波”に政府の対応は?

政治・外交


感染拡大の動きに、政府はどのように対応するのか。
国会記者会館からフジテレビ政治部・千田淳一記者が中継でお伝えする。

政府は、現状への危機感を強め対策を強化する一方、「GoToキャンペーン」を含め、経済活動を止めることには、現時点では極めて慎重。

菅首相「最大限の警戒感を持って、自治体の感染状況に応じた対策を、しっかりと実施をするように指示をした」、「緊急事態宣言やGoToキャンペーンの見直しについては、専門家も『現時点において、そのような状況にはない』という認識を示していることは承知している」

菅首相は13日朝、最大限の警戒感を持って対策するとしたうえで、緊急事態宣言やGoToキャンペーンの見直しを行う状況ではないとの考えを示した。

政府高官は、感染者数の拡大は、検査数の増加が背景にあり、GoToとの直接の因果関係はないと指摘している。

一方、厚労省幹部は「このままではまずい。季節性が問題なのか、感染が本当に増えているのか見極めないといけない」と警戒感を示している。

今後は、感染が拡大している自治体の状況に応じ、検査体制の支援強化などの対策をとる方針だが、状況が悪化すれば、GoTo事業の一時停止など、転換を迫られる可能性もある。

(FNNプライムオンライン11月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース