ノーベル賞 小柴昌俊さん死去 94歳 「ニュートリノ」研究で物理学賞

社会 科学


「ニュートリノ」の研究で、2002年にノーベル物理学賞を受賞した東京大学特別栄誉教授の小柴昌俊さんが12日夜、亡くなったことがわかった。
94歳だった。

1926年、愛知県生まれの小柴さんは、世界で初めて超新星爆発で発生した素粒子の一種である「ニュートリノ」の観測に成功し、2002年にノーベル物理学賞を受賞した。

小柴さんは、岐阜県に建設した観測装置「カミオカンデ」で1987年に初めてニュートリノを捉え、この業績は、「ニュートリノ天文学」という新しい研究分野を切り開くことにつながった。

関係者によると、小柴さんは12日夜、亡くなったという。

94歳だった。

(FNNプライムオンライン11月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース