【速報】トランプ氏 約1週間ぶり会見 「将来どちらの政権になるか」

国際


アメリカ大統領選で敗北受け入れていないトランプ大統領が、およそ1週間ぶりに沈黙を破った。

トランプ大統領は日本時間14日午前6時30分ごろ、新型コロナウイルスのワクチンに関する記者会見を開き、その中で「次の政権」について、「私の政権ではロックダウンはしない。将来どちらの政権になるかわからないが、時間がたてばわかるだろう」と言及した。

注目された「敗北宣言」は、行わなかった。

大統領選をめぐっては、トランプ大統領は投票日に一方的に勝利宣言をして以降、ツイッターで郵便投票に不正があったと主張し続けている。

アメリカメディアは13日、50州すべての結果が判明したと伝え、最終的に獲得した選挙人の数はバイデン氏が306人、トランプ大統領が232人となった。

(FNNプライムオンライン11月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース