尖閣“安保”適用対象と確認 日米防衛トップ会談

政治・外交


岸防衛相は14日朝、アメリカのミラー国防長官代行と電話で会談し、沖縄県の尖閣諸島が、アメリカの対日防衛義務を定めた、日米安保条約第5条の適用対象であることを確認した。

会談で、岸防衛相は、中国の海洋進出について、「力を背景とした一方的な現状変更の試みに反対する」と強調し、ミラー氏は「尖閣諸島は、日米安全保障条約第5条の適用対象だ」と伝えた。

また両氏は、北朝鮮のミサイル開発について危機感を共有し、地域の平和と安定のために、日米が連携していくことを確認した。

今回の電話会談は、トランプ大統領によるエスパー国防長官の解任を受け、アメリカ側が申し入れたもの。

(FNNプライムオンライン11月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース