“ふげん”使用済み燃料ただす 「秋のレビュー」で河野行革相

政治・外交


政府の事業の無駄を有識者が公開で検証する「秋のレビュー」で、河野行革担当相が、新型転換炉「ふげん」の使用済み燃料の処理をめぐり、文科省の対応をただした。

河野行革相「プルトニウムはどうするの?」
文科省の担当者「具体的にどうするかは検討している」

河野行革相「選択肢は何があるの?」
文科省の担当者「それは難しいところでございまして」

河野行革相「難しいなら予算はつけられないよ」

廃炉作業が進む「ふげん」の使用済み核燃料について、日本は現在、フランスで再処理をする準備契約を結んでいる。

ただ、コスト高などが指摘されており、河野行革相は文科省に対し、再処理の是非や問題点をただした。

(FNNプライムオンライン11月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース