感染拡大 北海道・大阪の観光地は 各観光地に“GoTo”利用者

社会 旅と暮らし


東京では、1日の新型コロナウイルスの新規感染者数が、4日連続で300人を超えたほか、各地で過去最多に迫る人数が確認されている中、「GoToトラベル」などを利用した人々が各地の観光地を訪れている。

東京都が14日に発表した、新型コロナウイルスの新たな感染者は、352人。

300人を超えるのは4日連続で、重症者は13日から2人増え、41人となった。

感染拡大が続く中でも、多くの観光客の姿が見られた東京の観光地・浅草。

連日300人以上の感染者が出ていることについて、聞いてみると...。

神奈川から来た人「感染者が増えているのを知ると、なかなか泊まるのをためらう。今、東京(の感染者)が増えているので、これを最後にしばらく自粛しようかなと」

一方、12日、過去最多の236人の感染が確認された北海道。

14日も230人の感染が確認され、3日連続で200人を超えた。

茨城から来た人「予約してすぐ、(感染者が)増えて、キャンセルしようかなと思って問い合わせたけど、せっかくなので、こっちに来る機会もないかなと思って」

観光名所の時計台では、観光客が写真を撮る姿が見られた。

大阪では13日、過去最多となる263人の感染が確認された。

ミナミの繁華街には、スーツケースを手にした観光客の姿も。

神奈川から来た人「心配してもしょうがないのかな」、「密にならなければいいのかなと」

神戸牛のステーキが食べられる店で、感染者が増えていることについて聞くと、「人が動き始めているさなか、感染者が増えているのは必然だが、飲食店も対策をきっちりしたうえで対応しているので、なんとか継続して盛り上げていくしかない」との声が聞かれた。

(関西テレビ)
(北海道文化放送)

(FNNプライムオンライン11月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース