RCEP首脳会議で各国合意 段階的に関税撤廃・削減

政治・外交 国際


日中韓3カ国やASEAN(東南アジア諸国連合)など、15カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の首脳会議がオンライン形式で開かれ、各国が協定に合意し、署名した。

梶山経産相「RCEPにより、日本の工業製品や農水産品のアジア圏への輸出拡大に大きく寄与するものと考える」

RCEPは、世界の貿易額の3割をカバーするアジア最大の自由貿易協定で、農産品や工業製品などの関税が段階的に撤廃・削減される。

一方、日本が輸入する米や牛肉など、「重要5品目」は、関税の撤廃や削減の対象にはならない。

日本にとっては、中国・韓国との初めての自由貿易協定で、今後、早期の発効を目指すことにしている。

(FNNプライムオンライン11月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース