「満員」? 「制限」? どうなる観客の扱い IOCバッハ会長と政府に“温度差”

スポーツ 社会 東京2020


IOC(国際オリンピック委員会)のトップ自らが、菅首相とともに大会開催への決意をアピールした今回の来日について、フジテレビ経済部・一之瀬登記者が解説する。

IOCと日本側の協議では、「観客」をどう扱うかが大きな焦点。

政府は、オリンピックを感染拡大で冷え込んだ景気回復の起爆剤にしたい考えで、観客席を「満員」にすることを模索している。

一方、バッハ会長は、海外のメディアに対し、観客を満席まで入れることは「現実的に可能ではないようだ」と発言していて、双方の立場には「温度差」がある。

海外からの観客は、行動を管理しやすい選手と違い、入国後の行動を制限することは、ほぼ不可能。

政府と大会組織委員会などは、海外からの観客について、入国前の検査や入国後の行動管理などを条件に、14日間の待機措置を免除する方針だが、公共交通機関を利用する前提となっていて、不安の声も予想される。

バッハ会長は16日午後、東京都の小池知事や組織委員会の森会長らとの意見交換に臨む。

国内外で感染が再拡大し、開催そのものへの懸念が高まる可能性も出る中、関係者は、バッハ会長の発言を注視している。

(FNNプライムオンライン11月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース