「コロナで仲良くなった」2割 “円満のカギ”会話の時間・内容

暮らし 家族・家庭


新型コロナウイルスの影響で自宅時間が増えることで、夫婦仲が円満になったと感じている人が増えているという。

40代夫婦(結婚12年目)「円満だよね、円満だと思います」

60代夫婦(結婚35年目)「いてくれるだけで安心。それだけで幸せ」

11月22日は、「いい夫婦の日」。

現在の夫婦仲について、およそ8割が「円満」と感じていることが、明治安田生命のアンケートでわかった。

街でも。

妻30代・夫20代夫婦(結婚5年目)「(夫婦の仲は円満ですか?)円満だと思います」

妻30代・夫30代(結婚4年目)「めちゃくちゃ円満。夫がひたすら優しいっていうところに尽きる」

一方、自宅時間が増えることで、4月以降にDV相談の件数が増加するなど、夫婦間トラブルの深刻化も問題に。

今回のアンケートでは、コロナ禍で、およそ2割の夫婦が「仲良くなった」と回答。

「仲が悪くなった」と回答した人の3倍以上だった。

仲良くなった理由。
1位は、コミュニケーションの機会の増加。

夫60代・妻50代夫婦(結婚38年目)「休みの時、普段すぐ出かけたりするけど、なかなか出かけられないので、その分話します。一緒にいる時間が長くなったよね、けんかも多いけど」

2位は、一緒に食事をする頻度の増加。

30代夫婦(結婚4年目)「家の時間は増えました」、「子ども中心の生活に。外食行かなくなって、おうちでできることを」

3位は、そばにいて心強いと感じた。

そして、パートナーから言われたい一言を聞いてみると。

60代夫婦(結婚46年目)「ありがとうが自然に出てくれば、それが一番いい。いまさら『愛してます』って言ったって、しょうがないでしょ、年だから」

夫60代・妻50代夫婦(結婚38年目)「『ありがとう』って言葉、大切だと思います」、「会話がぶっきらぼうだから、使う言葉も大して、あれできないから、いつも俺のこと面倒見てくれてありがとう。何もできないけどね、感謝はしています」

(FNNプライムオンライン11月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース