札幌と道内往来自粛要請へ 知事と札幌市長が会談

社会 暮らし 医療・健康


北海道と札幌市は、感染リスクを回避できない場合は、札幌市内での不要不急の外出の自粛などを要請する方針。

感染拡大が続く北海道で、鈴木直道知事と札幌市の秋元克広市長が16日朝に会談し、感染リスクを回避できない場合は、札幌市内で不要不急の外出の自粛を要請する方針が決まった。

また、札幌市と北海道内のほかの地域との不要不急の往来を自粛するよう、要請する方針を示した。

“GoTo”キャンペーンについては、感染リスクを回避できない旅行や、大人数での会食の自粛を求めることも明らかにし、今後、専門家の意見を聞いて検討するとした。

(FNNプライムオンライン11月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース