楽天などスーパー西友に出資 スマホ決済 & デジタル化狙い

経済・ビジネス


アメリカの投資会社と楽天は、2021年初めにも、スーパー「西友」に出資すると発表した。

アメリカの流通大手・ウォルマート傘下のスーパー「西友」の株式を、アメリカの投資会社「KKR」が65%、楽天が20%取得する。

提携によりKKRは、西友に人材を派遣し成長戦略を主導するほか、楽天は、2021年1月に子会社を設立して出資し、スマホ決済などデジタル化を進める方針。

(FNNプライムオンライン11月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース