新型コロナ 16日は950人感染 札幌で外出自粛など要請へ

社会 暮らし 医療・健康


16日、全国で確認された新型コロナウイルスの感染者は950人だった。

北海道では、札幌市内での不要不急の外出自粛などを17日に要請する方針。

感染拡大が続く北海道では、新たに189人の感染が確認され、このうち札幌市では124人で8日続けて100人を超えている。

これを受けて北海道は、感染リスクを回避できない場合は、札幌市内での不要不急の外出の自粛などを道民に対して正式に要請することを、17日午後、対策本部会議で決定するという。

また、東京都では16日、新たに180人の感染が確認された。

土曜日、日曜日には医療機関が休診になることが多く、都内の月曜日の感染者数は少なくなる傾向にあるが、16日の感染者数は、月曜日としてはこれまでで3番目に多くなった。

都の基準で集計した重症患者は、15日よりも2人増え、40人にのぼっている。

16日は、全国であわせて950人の感染と11人の死亡が確認されている。

(FNNプライムオンライン11月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース