札幌 外出・往来自粛要請へ きょう正式決定

社会 暮らし 医療・健康


北海道で、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大する中、鈴木知事は、札幌市内の外出自粛とそのほかの道内の地域との往来自粛を、17日午後にも正式決定する。

鈴木知事は16日、札幌市の秋元市長と会談し、感染者が急増する札幌市については、不要不急の外出自粛を求めるほか、札幌と地方との往来の自粛を求めることで一致した。

北海道内では16日、189人の感染が確認され、このうち札幌市は124人と、8日続けて100人を超えていて、今後も「感染リスクを回避できない場合」、17日から27日にかけて自粛を求めることにしている。

札幌を中心とした感染拡大が続く中、新たな要請について、道民は「4月と5月に結構我慢して耐えたので、また始まったか、という感じで、別に大きく変わることはない」、「旭川でもだいぶ増えているので、札幌だけにとどまるのかなと思う」と話した。

道などでは、17日午後の対策本部会議で、くわしい要請内容を決めることにしている。

(FNNプライムオンライン11月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース