17日東京株式市場前場“ワクチン有効”一時2万6000円超 東証29年ぶり

経済・ビジネス


アメリカのバイオテクノロジー企業「モデルナ」は、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、有効性は94.5%との暫定結果を発表した。

この発表を受け、株価が上昇している。

平均株価は、29年5カ月ぶりに、一時、2万6,000円を超えた。

前日のニューヨーク市場では、新型コロナウイルスのワクチン開発への期待から、ダウ平均株価が史上最高値を更新し、2万9,950ドルで取引を終えた。

これを受け、17日の東京市場でも相場を押し上げ、日経平均株価は1991年6月以来、29年5カ月ぶりに、2万6,000円を回復した。

一方で、市場関係者は「ワクチンの供給はまだ先となるため、いつ調整が入ってもおかしくない相場だ」と冷静な見方も示していて、その後、値下がりに転じた。

17日の東京株式市場の日経平均株価、午前の終値は、16日に比べ、6円48銭高い、2万5,913円41銭、TOPIX(東証株価指数)は、1,727.39だった。

(FNNプライムオンライン11月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース