破産手続き開始を申し立て エアアジア・ジャパン

経済・ビジネス


中部国際空港に本社を置くLCC(格安航空会社)のエアアジア・ジャパンが、裁判所に破産を申し立てた。

チケット代の払い戻しは、見通しが立っていないという。

エアアジア・ジャパンは17日、東京地裁に破産手続き開始を申し立て、受理されたことを明かした。

新型コロナウイルスの影響で、国内の航空会社が破産するのは初めて。

負債総額はおよそ217億円で、このうち払い戻しされていないチケット代は、およそ5億2,000万円分にあたる。

購入者は少なくとも2万3,400人にのぼるが、会社側の弁護士によると、返金の見通しは立っていないという。

エアアジア・ジャパンは今後、返金に向け、株主で取締役を派遣している楽天やアルペンなどの企業に支援を求めるという。

(FNNプライムオンライン11月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース