被害者弁護団 やりとり音声データ公開 第一生命元女性社員 19億円詐取

社会


第一生命の89歳の元生保レディによる19億円にのぼる不正取得問題で、電話でのやりとりの音声データを公開。

被害者「お約束(返済期限)が2月末だったので、こちらも予定してたことがありまして」

元社員「わかりました。そのうちなるべく早くやりまーす」

17日、被害者弁護団が東京都内で結成記者会見を開き、被害者と89歳の元社員とされる人物とのやりとりを録音した音声データを公開した。

元社員「このたび全国1位と表彰受けました。大きな、立派なものもいただきました。全国でただ1人任命。特別調査役に、ね?」

被害者「毎年ですもんね」

元社員「すごいんや。全国でただ1人やからね、任命が」

弁護団は「第一生命は被害者に対し、全額被害弁償を行い、再発防止策を講じるべき」と主張している。

(FNNプライムオンライン11月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース