心拍音を“見える化”...広がるリモート技術 エンタメ界では一体感も

技術 経済・ビジネス


新型コロナウイルスの影響で多くの人が体験したリモート生活。

新たな技術で、さらに世界が広がるとみられる。

17日にNTTが披露したのは、ポストコロナ時代のリモートワールドをテーマにした、さまざまな最新技術。

モニターに映し出された3Dの心臓。

心拍音をとらえたのは、18のセンサーがついたウェアラブルの聴診器。

心拍音や呼吸音などの生体音を測定し、体の状態を可視化できるというもので、送信機を使えば、医師が患者と接触することなく、生体音を聞くことが可能。

オンライン診療などでの活用が期待されている。

NTTコミュニケーション科学基礎研究所・柏野邦夫上席特別研究員「将来的には、コンピューターが音を聞いていろいろなことを判断し、“こうですよ”とサジェスト(提案)してくれることが可能になる。医者にかかるかどうかを早期に判断する手助けになるのではないか」

リモート技術の進化は、エンターテインメントの世界でも。

リビングで1人サッカー観戦していると、ほかの観客の声援が聞こえ、影が映し出された。

このように、ほかのユーザーを“見える化”することで、自宅でも試合さながらの臨場感を出すことができる。

コロナの影響で定着したリモート視聴の共有感、一体感を高めるという新たな技術。

メガホンを振っていると床が放射状に光り、ゴールへの歓声とともに紙吹雪が。

実は、観戦している人の熱狂度合いをセンサーで計測し、映像化していた。

こうして、盛り上がっている人同士がつながりを感じ、皆で一緒にスタジアムで応援しているような一体感を味わえる。

ソニーと共同開発を開始した、この「観戦アシストシステム」。

2年後をめどに、実用化したいとしている。

NTTサービスエボリューション研究所・佐野卓主任研究員「(今後は)実写で双方向でつながりあって、より臨場感の高いものを目指していきたい。エンタメも一時下がったモノを盛り上げていけるような世界をつくっていきたい」

ポストコロナ時代に向けて、リモート技術の開発が加速している。

(FNNプライムオンライン11月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース