東京「過去最多」500人に迫る 「世代に広がり」渋谷の街は

社会 暮らし 医療・健康


東京都で11月18日に確認された493人という新型コロナウイルス感染者。

これまでで最も多かった8月1日の472人を、20人以上上回る過去最多の規模となっている。

東京・渋谷では、「これからどんどん人数が上がってくるんじゃないかと心配です」、「GoToトラベルを廃止したり、これからクリスマスと正月でイベント多いので、やっぱり室内でという心がけを政府からもした方がいいのではと」、「そんな別に深くは考えなくていいのではないか。風邪と一緒みたいになってくるんじゃないですか、そのうち」などの声が聞かれた。

東京都の小池百合子知事は、高齢者への広がりに警戒を呼びかけた。

東京都・小池知事「世代的にも広がりがあるのがきょうのポイントだと考えている。高齢者の方々の重症化が顕著に出ている。高齢の方々、少し体の悪い方などは特にご注意いただきたい」

東京都の重症者は17日から3人減り39人。

感染者全体を年代別で見ると、20代が123人、30代が92人、40代が89人などとなった一方、65歳以上の高齢者は17日の36人から77人に倍増。

今後、重症者の急激な増加が懸念される。

また、東京都の新規感染者数の1週間平均も、10月のほぼ横ばいから、この2週間で急増。

歯止めがかからない状況となっている。

こうした事態を受け、東京都は感染状況の警戒レベルを、4段階のうち最も深刻な「感染が拡大している」に引き上げる方向で最終調整。

専門家を交えた19日のモニタリング会議で発表される見通し。

GoToイートの対象となっている東京・港区の鉄板料理店「創作鉄板 粉者焼天」では、もともと席数を45から20に減らしていたが、5人以上の客が距離を取れるよう配置を変更。

さらに対策強化のため、急きょ“パーティション”を設置。

それでも、このところの感染者急増に不安はぬぐえない。

創作鉄板 粉者焼天・滝口佳祐店長「(都の警戒レベルが1番高いものにする方向で調整しているが?)またお客様の客足が減ってしまうのかなと不安です」

17日、過去2番目となる269人に達した大阪府。

吉村大阪府知事は、GoToイートについて、より強い制限を求める考えを明らかにした。

大阪府・吉村知事「GoToイートについては、4人以下に適用を絞るべき。5人以上は適用除外するということを大阪でやるべき。テーブルを分けたらいいとか、パーティションを設置したら8人でもいいと僕は思っていない」

日本医師会の中川会長は、週末からの3連休に向け、こう呼びかけた。

日本医師会・中川会長「今週末は3連休が控えています。国民の皆さんにはぜひ“秋の我慢の3連休”としていただきたい。(感染者の急増はGoToが要因とみている?)きっかけになったことは間違いない」

首都圏の感染者数では、東京で493人、神奈川で214人、埼玉で126人といずれも過去最多となっている。

さらに千葉県で66人と、18日、4つの都と県だけで900人近い感染者が出ている。

(FNNプライムオンライン11月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース