デモ隊が警察本部をとり囲み タイ・バンコク中心部

国際


タイの国会は、反政府グループが支持していた憲法の改正案を否決。
数千人のデモ隊が警察本部を取り囲んだ。

タイの国会は18日、憲法改正をめぐる審議で、反政府グループが支持していた、王室に関する条文改正も可能とする案を否決した。

バンコク中心部に集まった数千人のデモ隊は、否決の一報が伝わると反発の声を上げ、警察本部に移動して建物を取り囲んだ。

警察が17日、デモ隊に向けて放水や催涙弾発射を繰り返したため、デモ隊による警察への抗議行動はその報復だという。

17日の衝突では55人が負傷し、うち6人が銃撃されていて、緊張が再び高まっている。

(FNNプライムオンライン11月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース