ボジョレ・ヌーボーが解禁 感染対策に留意

経済・ビジネス 旅と暮らし


秋の風物詩、フランス産ワインの新酒「ボジョレ・ヌーボー」が、19日午前0時に解禁された。

千葉・習志野市のスーパーで行われたイベントは、感染対策に留意したものになった。

声を出さずに指を折ってカウントダウンを行い、ハンドベルやクラッカーでボジョレ・ヌーボーの解禁を祝った。

参加者は、「待ってる人がいるので、みんなで楽しく飲みます!」と話した。

予約は2019年の1.2倍になっていて、自宅で過ごす時間が増えていることなどが要因としている。

サントリーの解禁イベントは、オンラインでの開催となった。

サントリーワインインターナショナル・宮下敏社長「ヌーボーという、季節のお祝いのようなものを飲んでいただくことで、やっぱりワインっていいよね、食事と合うよねと、皆さんに感じていただけると」

サントリーによると、2020年は降水量が少なく暑い日が続いたことから、完熟した果実の香りがあふれる芳醇な味わいがするという。

(FNNプライムオンライン11月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース