キャンセル相次ぎ緊急会見 北海道の宿泊業者

経済・ビジネス 社会 医療・健康 旅と暮らし


北海道内の宿泊施設で、キャンセルなどの影響が出ているため、利用者の不安を払しょくしたいとして、経営者らが会見した。

全国旅館ホテル 生活衛生同業組合連合会・桑島敏彦さん「施設によっては、1日数百件単位でキャンセルが出ている。感染対策を徹底しているので、自粛対象にあてはまらない」

北海道内の宿泊施設の利用者は、6月以降回復傾向だったが、感染の急拡大にともない、11月はキャンセルが相次いでいる。

ホテルなどの経営者は、施設での集団感染事例はないとしたうえで、検温や消毒のほか、混雑を避けるなどの感染対策を徹底しているとして利用を呼びかけた。

(FNNプライムオンライン11月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース