感染急拡大 初の2000人超え 菅首相「静かなマスク会食」を

政治・外交 社会 暮らし 医療・健康


新型コロナウイルスの全国の感染者は、18日に初めて2,000人を超え、2,201人と過去最多となった。

都道府県別で見ると、東京が500人に迫る493人になり、東京都と4県で過去最多にのぼっていて、感染の拡大が目に見えて加速している。

こうした状況を受けて、菅首相は19日午前、「最大限の警戒状況にある」と述べ、国民に対し、食事の際にもマスクを着用する「静かなマスク会食」を呼びかけた。

菅首相「(新規感染者が)昨日は全国で2,000人を超え、過去最多となるなど、“最大限の警戒状況”にある。ぜひ皆さん、『静かなマスク会食』、これをぜひお願いをしたい」

菅首相は、今後の対策として、「感染が拡大する地域の高齢者施設などで検査を徹底する」と語ったほか、19日と20日に行われる専門家の会議の議論をふまえ、さらに効果的な対策を講じるよう、担当大臣に指示したことを明らかにした。

また、「専門家から飲食を通じた感染リスクが指摘されている」と述べたうえで、飲食の際でも会話のときにはマスクを着用する「静かなマスク会食」を国民に呼びかけ、菅首相自身も「徹底したい」と強調した。

(FNNプライムオンライン11月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース