全米死者最多25万人超え 感染者 連日10万人

国際 医療・健康


新型コロナウイルスの感染拡大は、アメリカでも深刻さを増している。

世界で最も感染者が多いアメリカで、死者が25万人を超えた。

ジョンズ・ホプキンズ大学の集計によると、アメリカ国内の新型コロナウイルスによる死者数が17日に25万人を超えた。

アメリカでは、1日の新規の感染者数が15日連続で10万人を超えていて、入院患者が急増し、病床が不足している病院も続出している。

2020年の春、事態が最も深刻だったニューヨーク市では、19日から公立学校を再び閉鎖することを決めていて、全米各地で規制が再び強化されている。

(FNNプライムオンライン11月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース