3億円で再集計を正式申請 “勝利”主張のトランプ氏

国際


アメリカの大統領選挙で、トランプ陣営は18日、民主党・バイデン氏が勝利した中西部ウィスコンシン州の2つの地区で、再集計を正式に申し立てた。

郵便投票に不正があったと主張するトランプ陣営は、激戦だったウィスコンシン州の最大都市ミルウォーキーなど、2つの地区の再集計に必要な300万ドル、およそ3億円を当局に納め、再集計を正式に申し立てた。

バイデン陣営は、「バイデン氏の勝利が再確認されるだけだ」と反発しているほか、地元メディアは、ウィスコンシン州でバイデン氏がおよそ2万票の差をつけていて、選挙結果を覆す返すのは難しいと報じている。

激戦州の再集計をめぐっては、ジョージア州でも、州内のおよそ500万票すべてを手作業で数え直していて、18日中に完了する見通し。

(FNNプライムオンライン11月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース