公明 斉藤副代表の擁立決定 河井元法相の選挙区に

政治・外交


公明党は19日、選挙買収の罪に問われ、自民党を離党した河井元法相の選挙区に斉藤副代表を擁立することを正式に決定し、19日午後、山口代表が菅首相に報告した。

公明党は午前の中央幹事会で、次期衆院選の広島3区の候補として斉藤鉄夫副代表を公認することを決めた。

公明党・西田選対委員長「政治の信頼を回復し、与党として議席を得るには斉藤氏の擁立が最善」

この決定を受け、公明党の山口代表は首相官邸で菅首相と会談し、一連の党の対応を報告した。

公明党・山口代表「大事なことは、与党として議席を確保するためにはどうしたら良いか、今後、両党で話し合いを尽くしていきたい」

ただ、自民党広島県連は、党の公認候補の擁立を目指していて、自公両党の調整は難航が予想される。

(FNNプライムオンライン11月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース