柳美里さん喜び語る 「全米図書賞」受賞

文化


アメリカで権威ある文学賞の1つ「全米図書賞」に、芥川賞作家の柳美里さんの作品が選ばれた。

「全米図書賞」の翻訳文学部門を受賞したのは、柳美里さんの小説「JR上野駅公園口」。

この作品は、60年代に出稼ぎで福島県から上京した、ホームレスの男性の人生を描いた物語で、東日本大震災にも触れている。

現在、福島・南相馬市で書店を営む柳さんは、受賞の喜びを語った。

柳さん「ここに来る人が、『おらほ(地元)の物語』というふうに言ってくださるので、その『おらほの物語』が、全米図書賞を受賞できたということがうれしい」

柳さんは今後も、地元を題材とした作品を執筆したいと話している。

(FNNプライムオンライン11月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース