全国で2386人感染 2日連続で過去最多 高まる警戒感

社会 暮らし 医療・健康


全国の新型コロナウイルスの感染者は、2日連続で過去最多となり、感染の拡大に歯止めがかかっていない。

菅首相「静かなマスク会食、これをぜひお願いしたい。わたしもきょうから徹底したい」

19日、全国で確認された新型コロナウイルスの新規感染者は2,386人と、2日連続で過去最多となった。

死者も19日の一日で、21人にのぼっている。

都道府県別にみると、19日、これまでに過去最多の感染者が確認されたのは、東京の534人、千葉の106人、愛知の219人、兵庫の132人などとなっている。

18日、過去2番目に多い273人の感染者が確認された大阪府でも338人と、初めて300人を超えた。

大阪府・吉村知事「きょうの陽性者は338人。1.2倍くらいずつ確実に増えていった時には12月上旬には赤信号がつく」

同じく過去最多となった北海道では19日、266人の感染者が確認され、このうち札幌市は196人。

札幌市内で100名以上の感染者が出るのは、11月9日から11日連続。

札幌市は会見で、「11月以降、病院や福祉施設などでの集団感染事例が増加している状況。重症化リスクが高い人へ広がり、それにともない、入院患者数も増加している状況」としている。

北海道内の観光地では、予約のキャンセルが相次いでいるという。

函館山ロープウェイでは、GoToトラベルの効果で、10月の乗客数が2019年の6割にまで回復していたが、ここにきて状況が一変した。

函館山ロープウェイ・桜井健治専務「先週くらいから、十数件くらい(修学旅行の)キャンセルがきている」

感染対策を行いながらも、集客に悩まされる観光地。

現在の状況について、西村経済再生担当相は「2、3日で倍増していく。オーバーシュートしていく。爆発的な感染にはまだ至っていないと思うが、しかし、かなり感染者の数が増えてきているので、極めて強い危機感を持って対応している」と述べた。

また、西村経済再生相は「(どの程度まで1日の新規陽性者が、政府として増えることが想定される?)感染がどうなるかというのは本当に神のみぞ知る。これは尾身先生も言われています。予測をすることは極めて難しい」とも述べた。

新型コロナウイルス対策を専門家が助言する厚労省の会議は、病床の逼迫(ひっぱく)の予兆がみられるなどの事態になれば、速やかに一段と強い対策を行う必要があるとしている。

脇田座長「感染の状況がかなり厳しい。これを放置しておくと、さらに急速な感染拡大に至る可能性が非常に高い、厳しい状況が続いている」

(FNNプライムオンライン11月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース