がん10年後生存率58% 「現在の患者はさらに改善」

社会 暮らし 医療・健康


国立がん研究センターは、がんと診断された患者の10年後の生存率は、58.3%と発表した。

国立がん研究センターが、2004年から2007年に全国の21病院が治療をした、がん患者およそ9万4,000人を対象に行った調査によると、10年後の生存率は58.3%で、前回の調査より1.1%上昇した。

部位別では、前立腺がんが98.8%、乳がんが86.8%と高い一方、すい臓がんが6.2%、肝臓がんが16.1%と低い結果になった。

千葉県がんセンター研究所がん予防センターの三上春夫部長は、「どこの医療機関でも標準的な治療が普及し、行われた結果と考えられる。現在がんにかかっている患者は、さらに改善していると思われる」としている。

(FNNプライムオンライン11月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース