“大阪ワクチン”治験最終段階へ 2021年中の実用化目指す

社会 科学 医療・健康


大阪大学と共同で新型コロナウイルスのワクチンを開発している「アンジェス」は、治験の最終段階を開始すると発表した。

製薬ベンチャーの「アンジェス」は、大阪大学と開発している新型コロナウイルスの「DNAワクチン」について、2020年6月に治験を始めた。

アンジェスによると、これまで60症例で治験を終え、安全性に問題はなく、治験の最終段階を開始するという。

最終段階では、症例数を500に増やし、接種の間隔が異なる2つのグループに分けて安全性や有効性を調べ、2021年3月には接種が完了するという。

大阪府・吉村洋文知事「大阪産ワクチンは、安全性を重視しています。日本人にあったようなワクチンを目指していきたい。これができれば、ゲームチェンジャーになると思っている」

今後、海外を含む感染が拡大している地域で、対象を数万人に増やして調べ、2021年中の実用化を目指す方針。

(FNNプライムオンライン11月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース