赤信号の交差点へ...衝突 ブレーキから足が離れ...

社会


助手席の下に落ちたチラシを拾おうとして、ブレーキから足が離れ、大きな事故となった。

進行方向の逆を向いたまま、横転した車。

その先に止まっている60代の男性の車も、ボンネットが大きくゆがんでいる。

20日午前9時ごろ、東京・世田谷区用賀の国道246号線の交差点で、赤信号で停止していた60代の男性が運転する車が誤って交差点に入り、2台の車に次々に衝突した。

男性は、助手席の下に落ちたチラシを拾おうとして、ブレーキから足が離れ、車が動いたとみられている。

この事故で、男性2人が軽傷を負った。

(FNNプライムオンライン11月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース