ホームセンターにイノシシ ガラス破り店内で大捕物

社会


20日朝、岡山市のホームセンターの店内に突然現れたのは、イノシシだった。

20日午前8時20分ごろ、岡山市南区のホームセンターダイキ豊浜店の店員から、「店内にイノシシが入ってきた」と110番通報があった。

イノシシ捕獲のため、刺股や防護盾を持った警察官や猟友会が入り口を固め、駐車場には救急車も待機するなど、現場は一時、張り詰めた空気になった。

イノシシを見つけた従業員は、初めてのことで驚いたという。

目撃した店員は、「ガッシャーンと音がして見に行ったら、ドアが突き破られていて、血だらけだったので、誰かがけがしたと思って、それを追いかけていったらイノシシが見えたので、急いで逃げました」と話した。

開店前の作業をしていた従業員が音のする方へ向かうと、入り口の自動ドアが突き破られ、付近に血痕が見つかり、その先にイノシシがいた。

イノシシが暴れ回ったため、店内には、商品が散乱。

そして、通報から、およそ1時間後の午前9時40分ごろ、捕獲されたイノシシが店の外に出てきた。

警察によると、捕獲されたイノシシは、体長1メートルほどのオス。

店内を走り回ったあと、地元猟友会によって殺処分された。

駆除の際に、猟友会の70代の男性が腕を2カ所かまれるけがをしたということだが、開店前だったため、店内に客はおらず、従業員にもけがはなかった。

各地で相次ぐ、野生動物の出没。

10月19日には、石川・加賀市のショッピングセンターにクマが現れた。

また千葉・館山市では、2020年度のイノシシの捕獲数がすでに過去最高となるなど、関東でも出没が相次いでいる。

自治体などは、野生動物に遭遇した場合には、警察に連絡するよう呼びかけている。

(FNNプライムオンライン11月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース