分科会GoTo見直し提言 感染地域で営業短縮も

政治・外交 社会 経済・ビジネス 暮らし 医療・健康


新型コロナ対策を話し合う政府の分科会は、感染の拡大している地域でGoToトラベルを対象外にするなど、運用の見直しを政府に提言した。

分科会・尾身会長「感染拡大地域においては、一部地域の除外を含め、国としてGoToトラベル事業の運用の在り方について、早急に検討してほしい」

提言では、感染が拡大している地域では3週間程度、酒類を提供する飲食店に営業時間の短縮や休業要請をするほか、GoToトラベルの対象から一部地域を除外することなどを検討するよう求めた。

尾身会長「なるべく距離を、こういうことを注意を促していながら、片っぽでGoToキャンペーンでして、メッセージの一貫性がなくなってしまう」

また尾身会長は、個人的な意見としたうえで、札幌市は感染状況が上から2番目に深刻なステージ3に入っていて、東京や大阪などはステージ3に近づきつつあるとの認識を示した。

分科会の提言を受けて、政府は、21日に対策本部を開き、対応を公表する予定。

(FNNプライムオンライン11月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース