日本が開発したさつまいも「紅はるか」が韓国で大人気…法律改正で日本ブランドの密輸は防げるのか

経済・ビジネス 国際

  • 日本が開発した「紅はるか」が韓国で大人気
  • 韓国産さつまいもの約40%が紅はるか
  • 法的に問題があるものの対応は困難

FNN記者のイチオシのネタを集めた「取材部 ネタプレ」。今回取り上げるのは、ソウル支局の渡辺康弘支局長が伝える密輸された日本のさつまいもは韓国で大人気「法律改正で日本ブランド守れるか?」。

日本の「紅はるか」が韓国で人気

FNNソウル支局・渡辺康弘支局長:
秋といえば焼き芋のおいしい季節ですよね。加藤さん、焼き芋好きですか?


加藤綾子キャスター:
好きです。大好きです

FNNソウル支局・渡辺康弘支局長:
おいしいですよね。この季節になると日本と同じで、韓国のコンビニでも焼き芋を売られているんです。そのくらい韓国では、さつまいもが非常にポピュラーな野菜です。
今回は韓国産のさつまいもを用意しました。作られたのは韓国ですが、実は品種は日本の農研機構が開発したもので「紅はるか」と言います。非常に味がいいということで、韓国で人気です。
2018年のデータですが、実は韓国のさつまいもの約40%は紅はるかなんです。


FNNソウル支局・渡辺康弘支局長:
この人気の紅はるかですが入ってきた経緯というのがちょっと特殊なんです。それは、公式の輸入記録がないんです。つまり平たく言うと”密輸”です。


FNNソウル支局・渡辺康弘支局長:
なぜ密輸したさつまいもがこれだけ人気になったのか。韓国メディアによると、韓国のある農家が日本から紅はるかを密輸し、その密輸したさつまいもを、韓国の自治体が所管する農業技術センターが約5年前から”培養”という特殊技術を使って苗を大量に増やしました。そしてその苗を農家に売ることで、韓国全土に広まったわけです。日本では、密輸された野菜が公的機関で培養することは考えられないことですが、韓国では起きてしまったわけなのです。


費用をかけて開発した日本に利益なし

FNNソウル支局・渡辺康弘支局長:
苗の培養をなんとかするためには、やはり韓国の農家に品種の使用料をしっかり払ってもらう必要があるわけです。そのためには、韓国で品種登録をしなければなりません。ところが、韓国政府は日本産のさつまいもを輸入すると、一緒に害虫が入ってくる可能性があるということで基本的に輸入を認めていないんです。
結果、輸入できないということは品種登録もできない。ということで使用料を請求することができません。


FNNソウル支局・渡辺康弘支局長:
品種登録したくてもできない状況で勝手に密輸されて、しかも行政の手助けで栽培を拡大されてしまったわけです。こういった新しい品種を作るためには、膨大な時間と手間やお金がかかります。しかし、時間や手間そしてお金をかけて開発をした日本側には一銭も支払われていないという、ちょっとひどい状況なのです。


FNNソウル支局・渡辺康弘支局長:
これについて、韓国の南部にある海南農業技術センターに話を聞いてみました。そうすると、「密輸されたさつまいもを培養して苗を植えるというのは、さすがに法的に問題がある可能性がある」と韓国政府から指摘されたそうなんです。その結果、2019年から苗の販売は取りやめていると言います。たださつまいもは苗がなくても、いもがあれば増えるため、現状としては未だに紅はるかは大量に韓国内で出回っているのです


法律の改正で日本ブランドを守る

加藤綾子キャスター:
これをなんとかして防ぐ方法はないんですかね

FNNソウル支局・渡辺康弘支局長:
実際は難しいんです。紅はるかを開発した、農研機構に話を聞きましたが「誠に遺憾ですが、対応を取るのは困難と考えています」とこのように無念さを滲ませているわけです。


FNNソウル支局・渡辺康弘支局長:
こういった日本ブランド農産物の海外流出はさつまいもだけではないです。代表的な例でいうと、シャインマスカットは日本が開発した高級ブドウですが、これも韓国や中国に流出し、アジアの富裕層向けに輸出までされています。その結果、日本の農家が輸出において韓国や中国が強力なライバルになり、金銭的な被害まで受けています。


FNNソウル支局・渡辺康弘支局長:
こういった日本のブランド作物の海外流出を防ぐための試みが行われています。法律の改正案で、11月19日に衆議院本会議が可決されて成立したら、品種の開発者が栽培地を日本国内だけ、もしくは自治体だけなどと限定することができます。
また、悪意を持って海外に流出させようとしている意図を知った上で苗を渡したり協力した人物に対して、懲役刑や罰金刑を科すことができるようになります。


加藤綾子キャスター:
農産物は日本の宝なので、一刻も早く改正案が成立して欲しいですね

原田曜平さん:
法律が効くといいんですけど、一方ですごく今日本の若い人たちを見ると韓国のものが人気で、新大久保もすごいじゃないですか。ずっと追われ続ける日本であるために、品種改良をするための費用を国が補助するなり、そういうことはずっと進めていって欲しいなと思います


加藤綾子キャスター:
しっかり守って欲しいですね


(「イット!」11月25日放送より)

(FNNプライムオンライン11月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース