意識変わった男性の姿も…「料理教室の一日」が映すそれぞれの選択 コロナ禍の中でも充実したひと時を

暮らし 旅と暮らし

  • 一人暮らしの男性「料理やったほうがいいかな」…増える料理教室に通う男性
  • いつも甘えてばかりだから…家族の絆深まる手料理の味
  • 疲れて帰宅したママに手料理を…それぞれの思いを胸に料理教室に集う

一人暮らしの男性「料理やったほうがいいかな」…増える料理教室に通う男性

コロナの影響で外食の機会が減っている中、料理をする人が増えている。

「料理を始めた」「レパートリーを増やしたい」など様々な理由で料理教室に通う人たち。そこには「料理がうまくなりたい」だけではない、様々な思いがあった。


開店の午前10時。教室は朝から賑わっている。


名鉄百貨店本店にある料理教室「ABCクッキングスタジオ」。
レッスンは調理、盛り付け、食事、後片付けと1回90分間の事前予約制。一日に約100人の生徒が訪れる。


この時期は秋野菜の酢豚定食やパンやケーキなど常時40種類のレシピが揃う。


多くの女性の中に1人、男性の姿が…。
おぼつかない手つきだ。女性に囲まれ、肩身は狭くないのだろうか。


工場勤務の男性(43):
(男性が料理教室に通うのは)昔に比べたらそんなに珍しくもない。一人暮らしでちょっと料理やった方がいいかなと思って

レッスンは基本5人1組。初対面でも料理の話題で会話が弾む。


同・男性
醤油とか入れるときに「お願いします」って感じで、やってくうちに(女性と)打ち解けていくことはありますね

調理は共同作業、距離も縮まる。別の男性は…。


IT企業勤務の男性(27):
仕事がほとんど在宅でやっているので、少しでも外に出るきっかけがあればと…

理由は人それぞれだが、外出自粛中に料理を始めた男性が増えている。
女性の反応は…。

建築設計業の女性(22):
すごく良いことだと思います。料理ってすごく大変なんですけど、その大変さをわかっている人のほうがいい

歯科衛生士の女性(31):
料理できる男の人はかっこいいと思います


一方、ご年配の男性も。手際がいい人参の皮むき、見事な包丁さばき。率先して配膳も行っている。

男性(66):
料理作るのが好きで、ケーキを作るのが楽しくて、孫とかにプレゼントであげたり。ケーキとかパンは材料揃えるのが大変でしょ。失敗するしね。こういうとこだったら失敗しないので


家ではなかなか作るのが難しいパンやケーキを習うため、週に一度、静岡県の浜松市から通っている。

同・年配の男性:
朝、駅のホームできしめんとか、どて煮を食べて、ビールを飲んでから来るのよ。朝飲むと、その日のコンディションがわかるね。今日も調子いいなって


趣味は「料理」と「食べ歩き」。この2つを合わせると、浜松から名古屋の料理教室まで通うことになった。料理教室に通う理由は人それぞれだ。

いつも甘えてばかりだから…家族の絆深まる手料理の味


料理教室は若い女性客にも人気。2人組の女子大生に、料理教室に通う理由を聞くと。

女子大学生A(21):
コロナで暇でやることがなくて。家で料理していたけど、家だと限界あるから

女子大学生B(21):
オンライン授業だから家に居る時間があるので、やろうと思えばやれます。(でも親に)甘えちゃう


2人が挑戦するのはピザ。生地に指で耳を作っていき、コーンやトマトなどをのせたら、電子レンジへ。そして10分、おいしいピザが完成した。


大学3年の安藤さん。姉と両親の四人家族で、この日、初めてお姉さんに夕食を振舞う。

安藤さん(21):
昔から喧嘩していたんですけど、一番相談できるのがお姉ちゃんだったし。今日は、いつも甘えてばかりな私が、変わったよっていうのを見てもらいたいなって


感謝の気持ちをこめ、献立は、お姉さんの大好物なサツマイモを使った料理。

サツマイモご飯とゆで豚のネギソースがけ。この半年で随分、腕を上げた。


安藤さんの姉:
おいしい、これからも作ってください

疲れて帰宅したママに手料理を…それぞれの思いを胸に料理教室に集う


様々な思いを胸に、料理教室に通う人たち。


6歳から料理教室に通う女の子(12):
ハンバーグとか、カレーライスとか作るのが好き。ママが仕事から帰ってきて疲れている時とか、母の日とか特別な日に料理作る


主婦(54):
今日はカリーソーセージです。母がパン好きで、毎回楽しみにしてくれていて。コロナがあり、今年暑かったので今年初めてです。9か月ぶり


また、お揃いのエプロン姿のご夫婦は…。

夫(60代):
甘いものが好きだから、場合によっては職場の人に持っていったり


旦那さんの趣味であるケーキ作りがきっかけで、この料理教室がオープンした10年ほど前から夫婦2人で通っている。先日、妻の誕生日にはお手製のケーキをプレゼントした。


妻(60代):
「仲良いですよね、一緒に来て」って言われるけど、エプロンしている時だけって言っています

この日はグラタンや骨付きの唐揚げなど、4品を作った。流石の腕前だ。


妻:
最高ですよ。外食するよりは。自分で作ったものを満足して食べられるから、それがいいですよね


外食する機会が減った中、食卓をより豊かに…。料理を始めてみる絶好の機会かもしれない。

(東海テレビ)

(FNNプライムオンライン11月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース