「PayPay」最大2007万件不正アクセス 加盟店の連絡先など

社会 経済・ビジネス 技術


「PayPay」で、最大2,007万件の不正アクセスの可能性。

PayPayによると、12月1日に加盟店の営業情報のアクセス履歴を調査したところ、11月28日にブラジルからの不正アクセスを確認したという。

原因はアクセス権限の設定不備だということで、不正アクセスがあった情報は、加盟店の店名や連絡先などのほか、PayPay従業員の氏名など、最大2,007万件余りに及ぶ可能性があるとしている。

今のところ情報の利用は確認されていないという。

(FNNプライムオンライン12月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース