医師団見解全文「依然として御快復の途上」  皇后さま57歳お誕生日

社会 皇室

皇后さまは9日、57歳の誕生日を迎え、現在の心境を文書で寄せられた。あわせて医師団が現在の皇后さまのご体調に関する見解を発表した。

皇后陛下のお誕生日に際しての医師団見解

皇后陛下におかれましては、昨年も医師団が説明いたしました基本的な考え方を踏まえながら、引き続き御治療を継続していただいております。

本年は、新型コロナウイルス感染症のためにお出ましの機会が減少しましたが、1月の講書始の儀、歌会始の儀に始まり、初めての御養蚕、立皇嗣の礼における立皇嗣宣明の儀や朝見の儀など、感染防止に十分配慮されながら御活動を続けられ、5回の賢所儀式にもお出ましになりました。

11月8日 立皇嗣の礼 皇居
11月8日 立皇嗣の礼 皇居

また、新型コロナウイルス感染症に関しても、16回に及ぶ御進講・御接見をお受けになるなど、 国民が直面している様々な困難を心から気遣っておられます。

また、皇后陛下には、学習院大学に御入学され、新たな学習分野にオンライ ンで取り組まれ、日々お忙しくされている愛子内親王殿下を、母親として温かく見守られ、支えていらっしゃいます。 

愛子さま 11月22日撮影 赤坂御用地
愛子さま 11月22日撮影 赤坂御用地

新型コロナウイルス感染症のために御活動が制限され、御体調が整いにくくなっていらっしゃるなか、皇后陛下がこのように工夫を重ねられ、御体調を整えられながら御活動を続けるよう努力していらっしゃることは、御治療にあたらせていただいている医師団としても、御自信につながる望ましいことと考えております。

一方で、これまでも繰り返し説明して参りましたように、皇后陛下には、依然として御快復の途上にあり、御体調には波がおありです。

そのため、大きい行事の後や行事が続かれた場合には、お疲れがしばらく残られることもあります。過剰な期待を持たれることは、今後の御快復にとって、かえって逆効果となり得ることを御理解いただければと思います。

12月3日撮影 赤坂御所
12月3日撮影 赤坂御所

これもまた、かねてから皆さまにお伝えしているところ、現在の新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況下で難しくなっているものの、私的な部分でも御活動の幅を広げていっていただくことが大切だと考えております。 

皇后陛下には、これまで同様、周囲の方々の理解と支援をお受けになりながら御治療を続けていただくことが大切ですので、引き続き温かくお見守りいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

(FNNプライムオンライン12月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース