高さ45mの巨大な岩がご神体…日本書紀に「日本最古の神社」と記される「花の窟神社」

文化 旅と暮らし

巨大な岩がご神体…日本最古とされる「花の窟(はなのいわや)神社」

三重県熊野市に、「日本最古」とされる「花の窟(はなのいわや)神社」は、巨大な岩がご神体で、全国各地から参拝者が訪れる観光名所だ。


「花の窟神社」は、日本書紀に「日本最古の神社」と記されている。


境内に入ると、眼前に立ちふさがるように現れる、見上げる程の巨大な岩、これがご神体だ。


高さ45mもの巨岩が鎮座している。

日本神話にも登場する神々の母、イザナミノミコトの墓所とされている。


厳かな雰囲気が漂う境内で、思わず心が洗われる。

(東海テレビ)

(FNNプライムオンライン12月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース