14日夜もチャンスあり!「ふたご座流星群」がピーク 快適観測に3つのコツ

社会 暮らし 気象・災害

「ふたご座流星群」が2012年以来、8年ぶりの観測チャンスを迎えています。きょう12月14日もまだ観測のチャンスあり!天達気象予報士が流星群を見つけるための「3つのポイント」を解説します。


師走の夜空で輝く…「ふたご座流星群」がピークに


12月13日夜、山梨県富士河口湖町で撮影されたのは夜空を流れる「ふたご座流星群」の輝きです。

14日未明に沖縄県の石垣島天文台で撮影された写真でも、無数の星が輝く中、一際鮮やかな一筋の光が…。いま全国各地で「ふたご座流星群」の活動がピークを迎えているのです。

2020年は8年ぶり!“観測当たり年”


流星群の流星はある一点を中心に放射状に出現します。この中心となる点を「放射点」といい、「ふたご座流星群」の放射点はふたご座近くにあります。そのため「ふたご座流星群」と呼ばれているのです。では、「ふたご座流星群」の観測チャンスはまだ残っているのでしょうか?


きょう12月14日の夜もまだ観測チャンスはあります!日本海側は雨や雪で厳しそうですが、太平洋側のオレンジ色に塗られた地域ではチャンスがありそうです。さらに2020年は、2012年以来・8年ぶりの“観測当たり年”なんです。


その理由は「月明かりの影響がない」から。今年は15日(火)が新月のため、月明かりに邪魔されることなく観測することができそうなのです。

流星群を快適に見るには?3つのコツ

では、快適に観測するためには何に気を付ければいいのでしょうか?3つのポイントを解説します。


まず一つ目は、最低でも15分は暗闇に目を慣らすこと。最初は見えなかった星も徐々に見えてくるようになります。


二つ目は、体勢です。思い切って、レジャーシートなどに寝転んでみてください。ふたご座の位置とは関係なく流れるので、空全体を見るために、絶好の体勢が寝転ぶことなのです。


そして最後は、ともかく寒い!ということで、防寒をしっかりしましょう。十分に厚着をして、今夜の「ふたご座流星群」に備えましょう。


あまダネ!では、みなさんから『季節の絶景動画や写真』のほか『不思議な現象を捉えた写真』『お天気のギモン』などを募集しています!公式ツイッターで「#あまダネ」をつけて投稿頂くか、公式HPまでお寄せください。

(とくダネ!『あまダネ!』12月14日放送)

(FNNプライムオンライン12月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース