スキー場で44人孤立状態 大雪で倒木など道ふさぐ

社会 気象・災害


12月19日、秋田・湯沢市の「稲川スキー場」に通じる道が、大雪により木が倒れ、電柱も折れるなどしたため、通行できなくなった。

利用客と従業員あわせて44人が孤立した状態になっていて、スキー場の施設に避難している。

体調不良を訴えている人はいないとのことだが、湯沢市は、東北電力と復旧作業を急いでいる。

(FNNプライムオンライン12月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース