新年に向け「春飾り」 皇居で正月準備

社会 皇室


皇居では、新年に向けて「春飾り」の準備が進められている。

「春飾り」は、梅の古木を中心に、松や竹など縁起物の植物を寄せ植えした伝統的な正月用の盆栽で、皇居内の大道庭園では、宮内庁職員により、白い化粧砂を敷くなどの仕上げの作業が行われた。

新年に向け、宮殿や天皇ご一家、上皇ご夫妻のお住まいなどに飾り付けられる。

(FNNプライムオンライン12月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース