「我慢した思いを全部ぶつける」前年王者・紀平梨花が全日本フィギュアにかける思い

スポーツ

12月25日から始まるフィギュアスケートの国内最高の戦いである「全日本フィギュアスケート選手権」(以下「全日本フィギュア」)。

今シーズンは、各選手が新型コロナウイルスの影響で海外遠征に行けず、練習も思うようにできない異例のシーズンとなった。

未曾有の事態が起きた今年、軒並み大会が中止となり、羽生結弦、宇野昌磨、紀平梨花らは、この「全日本フィギュアスケート選手権」が今季初の試合となる。

この大会で日本代表の座をつかんだ者が、来年3月に行われる「世界選手権」に挑み、北京オリンピックの代表枠を争うことになる。

2022年にも繋がる貴重な大会で、昨年の全日本フィギュア王者の紀平梨花選手に話を聞いた。

難しく新しいプログラムをぶっつけ本番で

坂本花織、宮原知子、樋口新葉など、世界を主戦場に戦ってきたスケーターがひしめく今年の全日本フィギュア。彼女たちを迎え撃つのが去年の女王・紀平梨花選手だ。

「今心配なのは久々の試合で、感覚が戻っているかとか…。『緊張してダメだった』という後悔をしてはいけない試合なので。難しい構成で新しいプログラムで、それをぶっつけ“大”本番で挑むので、今は自分の演技に必死です」

前例なきシーズンを迎えた紀平選手。
例年以上に調整が厳しい中、全日本で挑むのが全く新しいプログラムだ。


【今季のフリー構成演技】
・4サルコウ
・3アクセル+3トゥループ
・3フリップ+1オイラー+3サルコウ
・3ループ
・3アクセル
・3フリップ+3トゥループ
・3ルッツ

この構成に、「すんごい難しいプログラムになりました」と苦笑いを浮かべる。

まさに、紀平選手史上最高難度のプログラム。

冒頭に4回転サルコウを組み込み、代名詞トリプルアクセルを演技後半にしたことについて、「昨シーズンから3アクセルを後半に入れられたらという思いで練習をしてきたので、今年は後半に入れ込もうということになりました」と話す。


「プログラムを通して凄いスピードを出して、その後休憩無くアクセルというのは、男子でもやっていない構成で、こんなにフリーで休憩がないプログラムはなかなか見ないと思います。

止まったりしているより、流れをずっと続けて最後までやっているのが見栄えがいい。点数につながるように練習してきました」
 

「我慢してきたものを全日本でぶつけたい」


そして世界の頂点を意識し、昨シーズンから取り組んでいる4回転サルコウの状態については「いい感じ」と明かす紀平選手。

「ショートはノーミスで、フリーでサルコウに挑戦しようと思っているんですけど、大分昨シーズンよりイメージがよくなってきていて、今季は疲れていても4回転が飛べるようになってきました」


コロナ禍で大会が軒並み中止となる中、最も時間を費やし、練習地として選んだスイスで強化し続けたものは地道な力だ。

「スイスではきつくて調子があがらないこともあったが力もついたから、サルコウもあがるようになった」

特別な年に挑む、特別な演技。
それは、より磨きをかけた大技と自分史上最高難度のプログラムだ。


「今までずっと我慢してきた思いを全日本で全部ぶつけるぞみたいな気持ちです。やれることはやってきたかなと思っているので。スイスで積み重ねてきた練習とコロナの影響で我慢してきた気持ちを、全日本でぶつけたい」
 

(FNNプライムオンライン12月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース