【速報】東京ディズニーが「変動価格制」 時期や曜日で異なる値段に

経済・ビジネス 旅と暮らし


ディズニーのチケット価格が、時期や曜日によって変わる。

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランドは、2021年3月20日入園分のチケットから、変動価格制を導入すると発表した。

ゴールデンウィークや春休みの時期、土日・祝日など、時期や曜日によって価格が変動するとしている。

価格が変動するとは、いったいどういうことなのか、くわしく見ていく。

現在のチケット価格は、午前9時から入園できる、1デーパスポートで大人が8,200円、中高生が6,900円、子どもが4,900円になっている。

それが、2021年3月20日以降、それぞれ平日は、基本的には値段は変わらないが、土日や祝日、春休み、ゴールデンウィーク期間など、混雑が予想される日は値段が上がる。

大人が8,700円、中高生は7,300円、子どもたちは5,200円になる。

一方、午前10時半からの入園時間指定のパスポートも価格が変動する。

大人の価格で見ていくと、平日は7,700円。
土日などは8,200円で、比べてみると、変動後の平日と同じ料金になる。

(FNNプライムオンライン12月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース