お年玉もキャッシュレス!? “脱ポチ袋”コロナで帰省控え

暮らし 技術


2020年も、残り1週間。
初めて迎えるコロナ禍での年末年始。

帰省が自粛ムードとなっている中、お年玉にもデジタル化の波が押し寄せてきているもよう。

子どもたちにとって、新年の楽しみの1つでもあるお年玉。

しかし、帰省控えが広がり、次のお正月のお年玉は、会って渡せない、もらえないという人も多いのでは。

そんな中、注目なのが、お年玉のキャッシュレス化。

ある調査によると、子を持つ20代から50代の男女300人のうち、半数がお年玉のキャッシュレス化に賛成という結果に。

実際、街の人たちは、どう思っているのか。

賛成・40代「キャッシュレスいいと思います。直接ふるさとに帰れない人たちとかいると思うので」

賛成・50代「ことし来年はコロナが怖いので、手渡しはできないけど、いいんじゃないですか? おじいちゃん・おばあちゃんナウいねって思われるかも」

反対・50代「それであげるのはないかな。実際にはないかな。現金書留でちゃんとお年玉のポチ袋に入れて渡す」

60代「ずーっともう会ってませんのでね。あとは振り込み? ちょっとなんか愛情が足りないね」

「感染リスクが抑えられ、帰省できなくても渡せる」といった賛成の声がある一方、「味気なくて寂しい」といった声も。

反対・60代「ついていけない。機械相手だとスムーズにいかないので、やっぱり現金主義な気がする」

“キャッシュレスお年玉”の渡す手段について、今回の調査では、スマホQR決済がトップに。

送金方法は、一度慣れれば、そう難しくはなさそう。

例えば、PayPayの場合、お互いの加入が前提だが、電話番号やIDで送りたい相手を指定。

送りたい金額を入力。

メッセージを追加することもできる。

あとは、「送る」を押すだけ。

コロナ禍で変化するお年玉事情。

事情にあわせた渡し方に挑戦してみるのもいいのかもしれない。

(FNNプライムオンライン12月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース