基礎疾患には心臓病や肥満も ワクチンの優先接種

社会 暮らし 医療・健康


新型コロナウイルスのワクチンを、優先的に接種を受けられる対象者の基礎疾患として、心臓病などのほか、肥満も対象とする案が明らかになった。

政府は、医療従事者と高齢者、基礎疾患のある人、そして高齢者施設などの職員を優先する方針で、早ければ2月下旬から接種が開始できるよう、体制整備が進められる。

そのうえで、基礎疾患については、慢性的な心臓病、腎臓病やがん、免疫異常による神経筋疾患などに加えて、肥満の程度を示すBMIが30以上の人についても対象とする方向で検討している。

この案については、25日の厚生労働省の専門部会で示され、議論が進められる。

(FNNプライムオンライン12月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース