安倍前首相 きょう国会で説明 公設秘書を略式起訴

政治・外交


安倍前首相は25日、「桜を見る会」前夜祭の費用補てん問題をめぐり、国会で説明し、発言を訂正する。

前夜祭の費用補てん問題では、24日、安倍氏の公設第1秘書が略式起訴され、罰金100万円を納付する一方、安倍氏本人は不起訴となった。

安倍前首相「(「桜を見る会」前夜祭の)会計処理については、わたしが知らない中で行われていたとはいえ、道義的責任を痛感しております。深く深く反省するとともに、国民の皆さまに心からおわび申し上げます」

これまで安倍氏は国会で、前夜祭の開催費を「事務所が補てんした事実は全くない」と主張してきた。

しかし、24日の記者会見では、「答弁の中には、事実に反するものがあった。国民の政治への信頼を損なうことになってしまった」と述べ、謝罪した。

安倍氏は25日午後、衆議院と参議院で議院運営委員会に出席し、これまでの答弁を訂正したうえで、1時間の質疑の中で、さらに説明する予定。

(FNNプライムオンライン12月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース