“桜”めぐり国会で説明へ 安倍前首相

政治・外交


安倍前首相は25日午後、「桜を見る会」前夜祭の問題をめぐり、自身の過去の答弁が事実と異なっていたことについて、国会で説明する。

安倍氏は、25日午後、衆議院と参議院それぞれの議院運営委員会に公開の形で出席し、これまで事実と異なる国会答弁を繰り返していたことを謝罪したうえで、1時間の質疑に応じる。

安倍前首相「会計処理については、私が知らない中で行われていたとはいえ、道義的責任を痛感している。国民の皆さまに、心からおわび申し上げる」

安倍氏は、24日の記者会見で、前夜祭の費用の補塡(ほてん)は知らなかったと強調したが、野党は、「秘書になすりつけて、『わたしは知りません』では通用しない」として、安倍氏自身の関与を厳しく追及する方針。

立憲民主党・安住国対委員長「安倍前首相、あなたは本当は知っていたはずですよねと言えるような質疑をしたい」

菅内閣の閣僚、小泉環境相が「少しでも、国民の皆さんの政治全体の信頼回復につなげていく形になることを期待する」と語る中、安倍氏が、国会でどのような説明を行うのか注目。

(FNNプライムオンライン12月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース