なかにし礼さん死去 昭和の名曲数々

社会 文化


「北酒場」など。昭和の歌謡曲の作詞家で、直木賞作家の、なかにし礼さんが亡くなった。82歳だった。

事務所によると、なかにしさんは、かねてから療養中だったが、23日、心筋梗塞で亡くなったという。

なかにしさんは、細川たかしさんの「北酒場」や北島三郎さんの「まつり」などおよそ4,000曲を手がけ、まさに昭和歌謡のヒットメーカーだった。

また、2000年には「長崎ぶらぶら節」で直木賞を受賞し、多彩な活躍を見せていた。

葬儀は家族葬で執り行われるという。

(FNNプライムオンライン12月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース