宿泊・飲食業 求人減少続く 11カ月連続

経済・ビジネス 仕事・労働


11月の失業率と有効求人倍率は改善したものの、企業からの新規求人が減る傾向は続いている。

11月の完全失業率は、前の月に比べ、0.2ポイント改善したほか、仕事を求めている人1人に対し何人の求人があるかを示す有効求人倍率も、前の月を0.02ポイント上回った。

一方で、企業からの新規求人は、前の年の同じ月と比べ、21.4%減った。

減少は、11カ月連続で、宿泊・飲食サービス業などで目立っている。

(FNNプライムオンライン12月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース