幼児のけが「停車中」が“8割” バランスが...転倒注意

暮らし


幼児を乗せた自転車で、停車中の転倒に注意を呼びかけている。

転倒する様子の映像。

隣の自転車が傾き、あわてて保護者が手を伸ばす。

その間に幼児を乗せた自転車から手が離れた結果、バランスを崩して倒れてしまう。

東京消防庁によると、自転車に乗せられた幼児が救急搬送された事例のうち、「停車中」にけがをしたケースが、全体のおよそ8割を占めている。

消費者安全調査委員会は、事故防止を呼びかけている。

(FNNプライムオンライン12月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース